Linode(Ubuntu・CentOS)にMetaTraderをインストールしFX自動売買(EA)を動かす方法・手順

linode Linux VPSの契約方法

このページではLinux系VPSサービスのLinode(リノード)でMetaTrader(メタトレーダー)によるFX自動売買(EA)を稼働させる為の登録・契約方法を画像付きで詳しく紹介しています。

どなたでも分かるように説明していますので是非ご活用頂きたいと思います。

尚、本来MetaTrader(MT4/5)はWindows用に作られています。

そのWindowsで使用するものを設定によってLinux(Ubuntu・CentOS)で使用できるようにするので、動作しないEAもあります。

どうしてもランニングコストを抑えたいという方以外はWindows VPSの利用をおススメします。

 

Linux(Ubuntu・CentOS)は設定に30分~2時間を要しますが、Windows VPSは特別な設定が要りませんので特に初心者の方はWindows VPSから始める事をお勧めします。

それでもLinux(Ubuntu・CentOS)でメタトレーダーを使いたいという方は続きをご覧ください。

 

Linode(リノード)のプラン比較

まず初めにLinode(リノード)のプランを紹介します。※この情報は2020年1月現在のものです。

Nanode 1GB Linode 2GB Linode 4GB Linode 8GB Linode 16GB Linode 32GB
初期費用 0円
時間料金 $0.007 $0.015 $0.03 $0.06 $0.12 $0.24
月額料金 $5 $10 $20 $40 $80 $160
CPU 1コア 1コア 2コア 4コア 6コア 8コア
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB
ディスク(SSD) 25GB 50GB 80GB 160GB 320GB 640GB
Ubuntu 【19.10】【19.04】【18.10】【18.04】【16.04】【14.04】
CentOS 【8】【7】【6.8】
リージョン 東京、シンガポール、ムンバイ、シドニー、ロンドン、フランクフルト、

アトランタ、ダラス、フリーモント、ニューアーク、トロント

この他にもプランはありますが、種類が多いので安い順に6プランを紹介しました。

最安値プラン(Nanode 1GB)でもMetaTraderは動く

幾つのメタトレーダーを使用し、幾つのEAを稼働させるのかによってプランを選択しなければいけませんが、実際に試してみた所、最安値プランのNanode 1GBでもMetaTraderは動作しました。

複数のMetaTrader、複数のEAを稼働させる場合、どの程度までいけるのかは分かりませんが、少なくとも1つのMetaTrader、1つのEAなら何も問題は無さそうです。

Linodeは海外リージョンが豊富

Linodeは欧米やアジアなど様々場所にサーバー拠点があります。

国内のVPSは殆どリージョンを選択できませんが、Linodeは11ものリージョンから選択できますので、海外リージョンを使いたい方はLinodeを使用してみては如何でしょうか?

Linodeは時間課金なのでお試しや勉強に使える

先程の表を見て頂ければ分かりますが、Linodeでは時間課金で利用ができるので、気軽にお試しが可能です。

Nanode 1GBを1時間しか使わなければ$0.007の請求しかされません。(厳密には端数分は切り上げなので$0.01)

初心者の方やLinuxでの自動売買が初めてで一度試してみたいという方はLinodeをおススメします。

時間課金に関しての注意点を2つ。

先程も書きましたが端数分は切り上げになるので注意して下さい。

もう一点はサーバーを停止するだけでは課金は止まりません。

完全にサーバーを削除するまで課金は継続されるのでお間違いのないようお気を付け下さい。

$10分無料で使えるクーポンコードを配布中

現在Linodeでは$10分無料で試せるクーポンを配布しています。

新規登録者であればどなたでも(クレジットカードの登録は必要)受け取る事が出来ます。

しかもこの$10は使用期限がありませんので急いで使用する必要もないのです。

$10あれば1GBプランが丸々2ヵ月使用できますのでこの機会に是非Linodeの登録をしてみて下さい。

参考までに、既に登録した方で、このクーポンを貰っていない場合でもサポートに連絡すれば$10クーポンが貰えます。(どの程度遡れるのかは分かりませんが数ヵ月前に登録であれば貰える筈です)

$10貰えるクーポンコードは、この後に説明するLinodeの登録手順に記載していますので、クーポンが欲しい方は続きをお読み下さい。

Linode(リノード)のスピードテスト

speedtest cliを使用してLinode(リノード)のスピードテストを行なってみました。

speedtest cliの日本国内のテストサーバー3個所の結果です。

テスト日 テスト時間 リージョン テストサーバー Upload Download Ping テスト結果
2020/03/05
19:48 東京
東京 189.79 Mbit/s 827.12 Mbit/s 3.631 ms 画像
19:49 京都 222.95 Mbit/s 318.04 Mbit/s 18.02 ms 画像
19:49 那覇 141.83 Mbit/s 309.93 Mbit/s 412.376 ms 画像
2020/02/08
20:16 東京
東京 341.51 Mbit/s 261.05 Mbit/s 17.239 ms 画像
20:16 京都 225.37 Mbit/s 145.57 Mbit/s 154.406 ms 画像
20:17 那覇 128.35 Mbit/s 245.33 Mbit/s 548.238 ms 画像
2020/01/28 20:51 東京 東京 4.14 Mbit/s 2407.53 Mbit/s 2.903 ms 画像
20:52 京都 4.15 Mbit/s 437.71 Mbit/s 141.984 ms 画像
20:52 那覇 4.05 Mbit/s 505.35 Mbit/s 533.285 ms 画像

※テスト時間は日本時間です。

Linode(リノード)の登録(契約)方法・手順

まず最初に下記よりLinode公式サイトを開いて下さい。

Linode公式サイト

 

Linode公式サイトを開くと登録フォームがあるので入力します。

linode

Email 登録するメールアドレスを入力します。
Username 半角英数字でユーザー名を登録します。
Password 半角英数字・記号を使用してパスワードを設定します。出来るだけ小文字・大文字・数字・記号を1つずつ使用するようにして下さい。
Create Account 全ての入力が終わったらクリックします。

 

”Create Account”をクリックすると下の画面になるので登録メールアドレスを確認します。

linode

 

メールの確認

タイトル【Linode - Please confirm your email】でメールが届いている筈なので、メール本文にある”Confirm”をクリックして下さい。

linode

 

個人情報とクレジットカードの登録

メールの”Confirm”をクリックすると個人情報とクレジットカードの登録画面が現れるので入力していきます。

linode

First Name 半角英字(ローマ字)で下の名前を入力します。
Last Name 半角英字(ローマ字)で名字を入力します。
Company Name (Optional) 法人名で登録する場合は半角英字(ローマ字)で会社名を入力します。(個人の場合は空欄でOK)
Address 半角英数字(ローマ字)で市区町村名以降の住所を入力します。 例)1-2 Aobadai,Aoba-ku
Address 2 (Optional) マンションやアパートに住んでいる場合(その他の方は空欄でOK)は半角英数字(ローマ字)で名称や部屋番号を入力します。 例)#201 Aoba Mansion
Country 日本に住んでいる場合はプルダウンから”Japan”を選択します。
State/Province/Region ”Country”で”Japan”を選択すると都道府県名を選択できるようになるのでお住いの都道府県名をプルダウンから選択します。
City 半角英字(ローマ字)で住所の市区町村名を入力します。 例)Aoba-ku,Yokohama-si
Postal Code 半角数字で郵便番号を入力します。
Tax ID (Optional) 納税者番号ですが任意なので空欄で結構です。
Credit Card Number 支払いに使用するクレジットカード番号を半角数字で入力します。
Expiration クレジットカードの有効期限を半角数字で入力します。
CVV クレジットカード裏面に記載されている下3桁のセキュリティコードを半角数字で入力します。
Promotion Code (Optional) プロモーションコード【DOCS10】を入力で$10使えるクーポンが貰えます。
Referral Code (Optional) 紹介者コードになりますが、既に入力されていればそのまま、空欄であれば”24cbdd0737db17fd1d1b4a272f9200327612c45e”をご入力下さい。
I accept and agree to Linode's Master Services Agreement, which details my rights and responsibilities while using Linode produces and services. 利用規約(Master Services Agreementと書いたリンク)に同意する場合はチェックを入れます。
Create Account 全ての入力・選択が終わったらクリックします。

 

”Create Account”をクリックすると下の画面になります。(審査中で直ぐに登録メールアドレスに詳細を送りますといった内容)

linode

 

暫く経ってから登録メールアドレスを確認するとタイトル【Linode Account Activation】でメールが届いている筈です。

linode

 

メール本文にあるURLをクリックするとLinodeダッシュボードのログイン画面が開くので登録したユーザー名とパスワードを入力しログインを行なって下さい。

linode

Linodeダッシュボードからサーバーを追加する

Linodeダッシュボードにログインするとこのような画面になるので、画面上部の”Create”をクリックし、現れるメニューから”Linode”を選択します。

linode

 

”Linode”をクリックすると下の画面が開くのでOSやリージョンなどを選択していきます。

linode

Choose a Distribution(Images) 使用するOSの種類・バージョンを選択します。当サイトではUbuntu18.04、CentOS7で手順を説明していますので当サイトを参考にするのであればこのバージョンを選択して下さい。
Region サーバー地域を選択します。
Linode Plan サーバーのスペックを選択します。1GBプランを選択したい場合はタブを”Nanode”に切り替えて選択して下さい。
Linode Label ラベルを設定したい場合は入力して下さい。(任意なので空欄でも構いません)
Add Tags タグを設定したい場合は入力して下さい。(任意なので空欄でも構いません)
Root Password サーバーにログインする際に使用するパスワードを半角英小文字・大文字・数字・記号の中から最低2種類を組み合わせて6文字以上で設定して下さい。
SSH Keys 秘密鍵(シークレットキー)を使ってログインしたい場合は設定します。(分からない場合はrootパスワードでログインするのでそのままで大丈夫です)
Backups オプションでバックアップを取得したい場合はチェックを入れます。
Private IP オプションでプライベートIPアドレスを使用したい場合はチェックを入れます。

 

全て入力・選択が終わったら画面右側にある”Create”ボタンをクリックして下さい。(サーバーが起動し課金が始まります)

linode

 

”Create”をクリックしたらインストールが終わるまで数分待ちます。(右上の表示が”Busy”)

linode

 

右上の表示が”Busy”から”Running”に変わったらサーバーが使用出来るようになります。

”IP Addresses”に記載されているIPアドレスとサーバー作成時に自分で設定したパスワードをこれから使用する事を覚えておいて下さい。

linode

OSにUbuntuを選択した場合

OSをUbuntuにした場合は下記ページでこの後の設定方法を説明しています。
デスクトップ環境はMATEとGNOMEを用意していますので好きな方を選択して下さい。(MATEの方が動作が軽いのでスペックの低いVPSを使う場合はMATEをおススメします)
  設定(コマンド操作)に掛かる時間はおよそ30~40分程度です。

OSにCentOSを選択した場合

OSをCentOSにした場合は下記ページでこの後の設定方法を説明しています。
デスクトップ環境はMATEとGNOMEを用意していますので好きな方を選択して下さい。(MATEの方が動作が軽いのでスペックの低いVPSを使う場合はMATEをおススメします)
CentOS8はGNOMEのみとなります。
  設定(コマンド操作)に掛かる時間はおよそ1時間40分~2時間程度です。 かなり時間が掛かりますので時間に余裕のある時に行なって下さい。

Linode(リノード)まとめ

Linodeは価格の安さ、リージョンの豊富さ、クーポンの配布など魅力がたくさんあるおススメのVPSサービスです。

価格は月額料金が$5~という安さもありますが、1時間単位での課金($0.007~)に対応しているので初めてLinux系OSで自動売買を行なう方や、とりあえずお試しで使いたいという方にピッタリだと思います。

加えて、登録時に$10のクーポンが貰えるので1~2ヵ月は無料で使用する事が可能となっています。

実際私もLinodeを少し使用してみましたが、一番安い1GBプランでも固まる事なくブラウザ操作・Metatrader共に行えましたので、最低限の使用しかされない方は十分だと思います。

いずれにせよ$10クーポンでお試しが出来るので悩む前に一度使用してみて下さい。

後はリージョンが豊富なのも魅力です。

日本国内のサーバーを使用されたい方には魅力的ではないかもしれませんが、海外FX会社を利用される方の中には海外リージョンを使いたいという方もいらっしゃると思います。

アジア・欧州・米国など幅広く揃っていますので是非利用してみて頂きたいと思います。

最後に、何度かLinodeのサポートの方とやり取りしましたが、非常にレスポンスが速く的確な返答を貰う事が出来ました。

海外のVPSサービスなので当然英語でやり取りになりますが、翻訳ソフトを使った英語でも全く問題ないと思います。

ダッシュボードの英語もちょっと調べれば直ぐに分かると思うのでそれ程心配する事もないと思います。

自動売買が可能なおススメの海外FX会社(業者)

当サイト内にてMT4/5が使えるおススメの海外FX会社のスペックや口座開設方法を細かく説明していますのでまだFX口座をお持ちでない方、他の海外FX会社の口座を開設したい方は是非参考にして頂きたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました