人気1位の海外FX会社はこちら人気1位のWindowsVPSはこちら

Tradeview(トレードビュー)の口座開設手順・追加口座開設方法

Tradeview(トレードビュー)の口座開設手順・追加口座開設方法海外FX会社の口座開設方法
この記事は約47分で読めます。

このページでは最大レバレッジ500倍、Tradeview(トレードビュー)の口座開設方法・手順を画像付きで説明しています。

初心者の方でも分かるように細かく説明していますので是非参考にして下さい。

 

Tradeviewの口座タイプ比較

Tradeview(トレードビュー)の口座タイプ比較

口座開設手続きの説明の前に6種類ある口座タイプを纏めましたので下記の表を参考にどの口座タイプにするか決めて下さい。(あとで他の口座タイプも追加できますのでご安心下さい)

項目MT4 X Leverage口座MT4 ILC口座MT5 X Leverage口座MT5 ILC口座cTraderWeb口座Cerrenex口座
金融ライセンスCIMA(ケイマン諸島金融庁)
最大レバレッジ500倍200倍500倍200倍400倍
プラットフォームMT4(メタトレーダー4)MT5(メタトレーダー5)cTraderCerrenex
約定方式STPECNSTPECNSTP
通貨ペア数60通貨ペア
手数料0円$50円$5$5$6
平均スプレッド(ドル円)2,0pips0.2pips2.0pips0.2pips0.1pips0.6pips
最小取引ロット0.01ロット(1000通貨)0.1ロット(10000通貨)0.01ロット(1000通貨)0.1ロット(10000通貨)0.01ロット(1000通貨)
最大取引ロット75ロット
最大ポジション数20ポジション
ロスカット水準証拠金の100%以下
ゼロカット(追証なし)あり
入金方法種類クレジットカード、海外送金、bitpay、STICPAY、bitwallet、NETELLER、ecoPays
出金方法種類クレジットカード、海外送金、bitpay、STICPAY、bitwallet、NETELLER、ecoPays
最低入金額$100$1000$100$1000
ボーナスなし
日本語サポートあり

 

Tradeviewのプラットフォームは4種類から選べる

まずTradeviewでは、MetaTrader4(MT4)、MetaTrader5(MT5)、cTrader、Cerrenexの4種類から選択する事ができます。

自動売買(EA)を使用する場合はMetaTrader4(MT4)かMetaTrader5(MT5)を選択する事になります。(EAによる)

MT4/5にはX Leverage口座とILC口座がある

MetaTrader4(MT4)とMetaTrader5(MT5)にはそれぞれX Leverage口座とILC口座があります。

X Leverage口座はSTP口座、ILC口座はECN口座なので取引コストに大きな違いがあります。

ドル円で比較すると、X Leverage口座のスプレッドがおよそ1.8pips、ILC口座のスプレッドが0.1pipsで取引手数料が$5(pips換算0.5pips)なので取引コストが0.6pipsとなります。

X Leverage口座とILC口座では取引コストが、およそ1.2pipsほど違う事になります。

取引コストだけで選ぶのであればILC口座の方が良いでしょう。

ILC口座は取引コストが低いがデメリットも多くある

ILC口座の取引コストが小さい事は既にお伝えしましたが、デメリットも存在します。

まず、X Leverage口座の最大レバレッジが500倍なのに対してILC口座の最大レバレッジは200倍となっています。

また、最小取引ロットがX Leverage口座は1,000通貨ですが、ILC口座の最小取引ロットは10,000通貨に設定されています。

他にもX Leverage口座の最低入金額が$100なのに対して、ILC口座の最低入金額が$1,000と高めに設定されています。

この部分が問題無ければX Leverage口座よりもILC口座の方をおススメしますが、少額から始めたいという方は無理せず最初はX Leverage口座から始められるのが良いと思います。

ロスカット水準が証拠金の100%(全口座タイプ)

大体の海外FX会社は証拠金の20%から高くても50%くらいにロスカット水準を設けていますが、Tradeviewでは全口座タイプが証拠金の100%でロスカットされてしまいます。

複数の海外FX業者を使用されている方は、気付かない内にロスカットされてしまうなんて事も起き得ますので注意して下さい。

cTraderWeb口座はECN口座で最大レバレッジが400倍

ILC口座がECN口座だという事はお伝えしましたが、cTraderWeb口座もECN口座になります。

違いは、プラットフォームが異なるのは言うまでもありませんが、ILC口座の最大レバレッジが200倍なのに対して、cTraderWeb口座の最大レバレッジは400倍となっています。

その他に関しては違いが無いので、自動売買(EA)を使うのであればILC口座、自動売買(EA)を使わないのであればcTraderWeb口座をおススメします。

 

Tradeviewの口座開設手順

Tradeview(トレードビュー)の口座開設手順

まず初めに下記のリンクボタンよりTradeview公式サイトを開いて下さい。

Tradeview公式サイト

 

Tradeviewの口座開設手順(動画編)

口座開設手順を動画でご覧になりたい方は上のリンクから公式サイトを開いてからご覧下さい。

その他の方は動画を飛ばして続きをご覧下さい。

 

&nbsp

Tradeview公式サイトを開くと口座申請画面が現れるので必要事項を入力・選択していきます。

 

個人情報・口座タイプ・署名の入力と選択

記入方法の説明

Tradeviewの口座開設手順説明

取引プラットフォーム開設する口座タイプを選択します。
通貨日本円表記が良い場合は「JPY」を選択します。
姓 (ローマ字)半角英字(ローマ字)で名字を入力します。 例)Yamada
名 (ローマ字)半角英字(ローマ字)で下の名前を入力します。 例)Taro
ミドルネーム(該当する場合)ミドルネームが無い場合は空欄で大丈夫です。
出生地日本生まれの場合は「Japan」を選択します。
生年月日自分の生年月日を選択します。
パスポート番号任意なので空欄で大丈夫です。
パスポートの有効期限任意なので空欄で大丈夫です。
国籍日本国籍の場合は「Japan」を選択します。
現住所が日本の場合は「Japan」を選択します。
都道府県現住所の都道府県名を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Kanagawa-ken
市区町村 (ローマ字)現住所の市区町村名を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Aoba-ku,Yokohama-si
住所 (ローマ字)現住所の市区町村名以降の住所を半角英数字(ローマ字)で入力します。 例)1-2 Aobadai
住所 (必要な場合・ローマ字)マンションやアパートにお住いの場合は半角英数字(ローマ字)で名称と部屋番号を入力します。 例)#201 Aoba Mansion
郵便番号(半角数字)現住所の郵便番号を半角数字で入力します。
電話番号 (半角数字)登録する電話番号を半角数字で入力します。
Eメールアドレス登録するメールアドレスを入力します。
性別自分の性別を選択します。
選択してください「既婚」か「未婚」かを選択します。
米国市民権・永住権に関して米国の市民権や永住権を持っていない場合は「c」を選択します。
職業現在の自身の仕事について該当するものを選択します。
年間所得現在の自身の年間所得を選択します。
年収現在の自身の年収を選択します。
おおよその純資産現在の自身の大体の純資産を選択します。
投資予定金額今回Tradeviewで行なう投資に使用する金額を選択します。
収入源今回Tradeviewで行なう投資に使用するお金の収入源を選択します。
米国市民権・永住権に関して内容を理解しチェックを入れます。
破産された経験はございますか破産された経験が無ければ「いいえ」を選択します。
投資のご経験「株式・債権」「為替・CFD・貴金属」「商品」「先物」「オプション」「投資信託」それぞれの投資経験について選択します。
年間投資予定額年間投資予定額を選択します。
口座の目的今回Tradeviewで行なう投資の目的を選択します。
口座管理の担当自分が取引を行なう場合は「ご本人が取引」を選択します。
紹介ブローカー名(ローマ字・半角英数)宜しければ当方の紹介コード「2641」をご入力下さい。
弊社担当や紹介ブローカーから連絡を受けた場合は担当者名等をご記入ください空欄で結構です。
書類の種類提出する身分証明書を選び、現れる画面から画像を選択します。提出可能な身分証明書は下記になります。

パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、住基カード、在留カード

発行された国提出する身分証明書が発行された国が日本の場合は「Japan」を選択します。
現住所確認書類提出する住所確認書類の画像を選択します。提出可能な住所確認書類は下記になります。

公共料金の明細書、電話料金の明細書、銀行残高証明書またはクレジットカードの明細書、税関係書類、住民票、印鑑証明書、住所の印字された健康保険証

署名英字(ローマ字)で自分の氏名を直接署名し、終わったら「署名の完了」をクリックします。 例)Taro Yamada
I acknowledge that I have read the above documents and fully understand the information provided therein.上にある4つのPDFの内容を理解出来たらチェックを入れます。
送信する全ての入力・選択が終わったらクリックします。

 

「送信する」をクリックすると下の画面になります。

Tradeviewの口座開設手続き完了画面

 

このタイミングで登録メールアドレスに「Thanks for your registration on Tradeview」のタイトルでメールが届きます。

Tradeviewの口座開設手続き完了メール

 

「口座開設手続きありがとうございます。送って頂いた内容を確認して可能な限り早く連絡します」といった内容になっています。

内容に問題が無ければ1営業日程度で口座開設完了を知らせる「Tradeview Live Account」のタイトルでメールが届く筈です。

Tradeview Live Account

 

会員ページ(キャビネット)へのログイン

次に会員ページへのログイン方法を説明します。

Tradeview公式サイトを開きログインする口座タイプを選択します。

Tradeview会員ページ選択画面

 

クリックすると、口座番号とパスワード入力画面が現れるのでメールに記載されているログインIDとパスワードを使ってログインして下さい。

Tradeview会員ページログイン画面

 

ログインするとこのような画面になるのでメニューにある「入出金」から入金を行なって下さい。

Tradeview会員ページ

 

入金が完了したらあとはMetaTraderをダウンロード・インストールすればトレードを開始する事ができます。

MetaTrader4/5のダウンロードは口座開設完了メール内のリンクから行えます。

Tradeview-MetaTraderダウンロード画面

 

レバレッジ変更申請

Tradeviewでは初期レバレッジというものが設定されており、口座開設後にこちらから申請をしないとずっと初期レバレッジのままになります。

口座タイプ初期レバレッジ最大レバレッジ
MT4 X Leverage口座100倍500倍
MT4 ILC口座200倍
MT5 X Leverage口座500倍
MT5 ILC口座200倍
cTraderWeb口座200倍400倍
Cerrenex口座

 

このままでも構わない方は良いですが、レバレッジを引き上げたい方は下記よりレバレッジ変更の申請を行なって下さい。

レバレッジ変更申請フォーム

 

記入方法の説明

Tradeviewレバレッジ変更申請フォーム

お名前登録氏名を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Taro Yamada
Eメール登録メールアドレスを入力します。
口座番号(口座にはご入金がされている必要がございます)レバレッジ変更をしたい口座番号を半角数字で入力します。 ※口座に資金が入金されている状態で無ければレバレッジ変更をする事は出来ません。
レバレッジ希望するレバレッジを半角数字で入力します。
私はレバレッジとそれに伴う取引リスクに関しては理解していますリスクを理解している場合はクリックします。
送信する全ての入力と選択が終わったらクリックします。

 

「送信する」ボタンをクリックするとこのような画面になります。

Tradeviewレバレッジ変更申請完了画面

 

レバレッジ変更が完了するまで1~2営業日程度掛かりますの暫くお待ち下さい。

レバレッジ変更が完了すると、件名「レバレッジの変更が完了いたしました」でメールが届きますのでレバレッジが変更されているかをご確認下さい。

Tradeviewレバレッジ変更申請完了メール

これでTradeview(トレードビュー)の口座開設方法の説明を終わります。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Tradeviewの追加口座開設

Tradeview(トレードビュー)の追加口座開設

ここではTradeview(トレードビュー)の追加口座開設手順を説明します。

既にTradeviewの口座を一つ以上お持ちの方が対象となりますので、まだ口座をお持ちでない方は本ページの口座開設手順を参考に口座開設して下さい。

まず最初に追加口座を作成するにあたっての注意事項やポイントをお伝えしたいと思います。

 

Tradeviewでは最大5つまで口座開設が可能

Tradeviewでは一人5口座まで開設する事が出来ます。

3種類ある口座タイプをそれぞれ開設しても良いですし、トレードスタイルによって口座を使い分ける事も可能です。

既存口座に資金が入金されていないと追加口座を開設出来ない

5口座まで作成出来るとお伝えしましたが一つだけ条件があり、既に開設済みの口座に資金が入金された状態で無ければ追加口座を作る事は出来ません。

追加口座を開設する際は、既存口座に資金を入れてから行なうようにして下さい。

※既に複数の口座を持っている場合、いずれか一つの口座に資金が入っていればOKです。

半年間取引を行なわないと休眠口座扱いになる

Tradeviewでは取引無し・入金無しの状態が半年間続くと休眠口座扱いになります。

休眠口座扱いになると毎月$50(5000円)が口座外へ移動されます。(口座残高が$50(5000円)未満の場合は、残高が0になります。)

この毎月$50(5000円)というのは口座維持手数料という意味合いではなく、監査上の問題で移動しなければならないそうです。(Tradeviewサポートに確認済み)

一度トレードを行なうか入金手続きを行なう事で移動された資金は元の口座に戻される仕組みになっていますのでご安心下さい。

両建て取引は基本的に禁止されていない

両建て取引が禁止されているFX業者が多い中、Tradeviewでは基本的に禁止されていません。

しかし、ゼロカットを悪用した両建て取引などは利益の没収や口座凍結の可能性がありますので、そういった行為はやめておいた方が良いでしょう。

あくまでも一般的な両建ては認められていると考えて下さい。

Tradeviewの管理画面は口座番号毎に割り当てられる

どこの海外FX会社でも追加口座を作成する事が出来ます。

大体のFX会社は追加口座を開設しても基本的な管理画面は一緒ですが、Tradeviewの場合は口座番号毎に管理画面が異なります。

殆どの海外FX業者の場合は、管理画面への入り口は一緒でログイン後に口座番号を切り替えて管理をしますが、Tradeviewの場合は管理画面へのログインからそれぞれ独立しているのです。

ですから、しっかりと口座番号とパスワードを控えておかないと分からなくなりますので注意して下さい。

追加口座開設でも住所確認書類の提出を求められる場合がある

過去に何度か追加口座開設を行ないましたが、住所確認書類の提出を求められた事がありました。

どういう基準で提出を求められるのか定かではありませんが、提出を求められたら再度住所確認書類(発行から3ヵ月以内のもの)を提出して下さい。

 

Tradeviewの追加口座開設手順

まず初めに下のリンクボタンからTradeviewの追加口座申請ページを開きます

Tradeview追加口座申請ページ

 

Tradeviewの追加口座開設手順(動画編)

追加口座開設手順を動画でご覧になりたい方は上のリンクから公式サイトを開いてからご覧下さい。

その他の方は動画を飛ばして続きをご覧下さい。

 

 

Tradeview追加口座申請ページを開いたら、必要事項の入力や選択を行ないます。

記入方法の説明

Tradeview追加口座申請手続き説明

お名前(ローマ字)氏名を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Taro Yamada
Eメール登録済みのメールアドレスを入力します。
口座番号(口座にはご入金がされている必要がございます)既存口座番号を半角数字で入力します。 ※既存口座に資金が入金されている状態で無ければ追加口座を開設する事は出来ません。
ご希望のレバレッジ希望のレバレッジを半角数字で入力します。 ※後からでも申請できます。
通貨口座の基本(表示)通貨を選択します。
取引プラットフォーム希望するプラットフォームを選択します。
連絡事項特に何も無ければ空欄で構いません。
私はレバレッジとそれに伴う取引リスクに関しては理解していますFX取引に係わるリスクを理解している場合はチェックを入れます。
I acknowledge that I have read the above documents and fully understand the information provided therein.上にある4つのPDFに目を通し、理解した場合はチェックを入れます。 【日本語訳】「私は上記の文書を読み、そこに提供されている情報を完全に理解していることを認めます。」
送信する全ての入力・選択が終わったらクリックします。

 

「送信する」ボタンをクリックするとこのような画面になります。

Tradeview追加口座申請手続き完了画面

 

数分後に件名「Additional Account - ○○○○○○-wmDmn」でメールが届きます。

Tradeview追加口座申請手続き完了メール画面

 

1~2営業日程度で下記の追加口座開設完了メールが届きますので暫くお待ち下さい。

件名「MT4(5) Tradeview Live Account5 Tradeview Live Account」

Tradeview追加口座-MetaTraderログイン情報

 

Tradeviewの追加口座開設手順の説明は以上となります。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Tradeviewの入金方法

Tradeview(トレードビュー)の入金方法

ここではTradeview(トレードビュー)の入金方法を説明しています。

既にTradeviewの口座をお持ちの方が対象となりますので、まだ口座をお持ちでない方は本ページの口座開設手順を参考に口座開設して下さい。

まず初めにTradeviewで利用できる入金方法の種類と手数料や入金が反映されるまでの時間、最低入金額などの詳細と注意事項をお伝えします。

入金方法最低入金額手数料入金反映時間
クレジットカード最低入金額は口座タイプによって変わります。
詳しくはTradeviewの口座タイプ比較をご覧下さい。
無料即時~数分
海外銀行送金1~3営業日
bitwallet即時~数分
STICPAY
bitcoin
ecoPays

 

口座タイプによって最低入金額が異なる

Tradeviewでは使用する口座タイプによって最低入金額が異なります。

X Leverage口座(MT4/5)が10,000円、その他の口座タイプが100,000円となっていますのでご注意下さい。

国内銀行振込での入金が行えない(2020年03月現在)

以前は国内銀行振込で入金を行なえましたが、この記事を書いている2020年3月現在国内銀行振込での入金は行なえないようです。

クレジットカードやオンラインウォレットをお持ちで無い場合は海外銀行送金を利用するしかありません。

クレジットカード入金分は出金時にクレジットカードへ返金される

これは殆どの海外FX業者で行なわれていますが、クレジットカードで入金した金額分は出金時にクレジットカードへ出金(返金)されます。

これはマネーロンダリング防止の為に行われているルールで、例えばクレジットカードで10,000円入金し後日20,000円の出金を行なう場合、クレジットカードで入金した10,000円はクレジットカードへ返金(出金)されます。

残りの10,000円は海外送金での出金になります。(理由は下の項で)

入金元=出金先のルールがある

例えばクレジットカードで10,000円入金し、後日20,000円の出金を行なった場合、10,000円はクレジットカードへ返金されると先ほどお伝えしましたが、残りの10,000円をbitwalletやSTICPAYなどへ出金する事が出来ません。

正確には、一度でもbitwalletやSTICPAYからTradeviewへ入金を行なった事がある場合は可能です。

要するに過去にその入出金手段で入金をした事がない場合は出金にも使用出来ないという事です。

但し海外送金だけは別で、クレジットカードでしか入金を行なっていない場合の利益分の出金は海外送金で行なえます。

ですので、入金する際は利益分の出金の事も考えて入金方法を選択する必要があります。

JCBカードの使用は不可

Tradeviewでは残念ながらJCBカードの使用は不可となっています。(VISAカードとMasterCardのみ)

JCBカードしかお持ちで無い場合は他の入金手段を選択して下さい。

 

ここからは各入金方法の手順を説明していきます。

 

Tradeviewの入金ページを開く

まず初めに下のリンクボタンからTradeviewの会員ページログイン画面を開きます

Tradeview会員ページ

 

Tradeviewの会員ページログイン画面を開いたら、ログインする口座タイプを選択します。

Tradeviewプラットフォーム選択画面

 

クリックすると、口座番号とパスワード入力画面が現れるので口座開設時に送られてきたメールに記載されているログインIDとパスワードを使ってログインして下さい。

Tradeview-会員ページログイン画面

 

ログインするとこのような画面になるのでメニューにある「入出金」をクリックします。

Tradeview会員ページトップ

 

「入出金」をクリックすると入金方法一覧が表示されたと思います。

Tradeviewの入金方法一覧

 

ここから使用したい入金方法を選び手続きを行ないます。

クレジットカード、bitwallet、ecoPays、bitcoin、STICPAY、海外銀行送金の順に手順を説明していきます。

 

クレジットカード(VISA・MasterCard)

入金方法一覧ページにある「CREDIT CARD」をクリックします。

Tradeview入金-クレジットカード

 

「Restricted Countries(制限された国)」が表示されますが、日本は関係ないので「閉じる」をクリックして下さい。

Tradeviewクレジットカード入金-制限された国

 

必要事項を入力します。

記入方法の説明

Tradeviewクレジットカード入金手続き手順説明

名 (ローマ字)下の名前を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Taro
姓 (ローマ字)名字を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Yamada
Eメールアドレス編集出来ないのでそのままでOKです。
Tradeview取引口座番号編集出来ないのでそのままでOKです。
ご入金額(通貨)入金する通貨を選択します。(日本円はありません)
ご入金額入金額を半角数字で入力します。($100以上)
送信する全ての入力・選択が終わったらクリックします。

 

次の画面でクレジットカード情報を入力します。

記入方法の説明

Tradeview入金-クレジットカード情報入力

クレジットカード番号クレジットカードに記載されているカード番号を半角数字で入力します。
Expiration Dateクレジットカードに記載されているカード有効期限を選択します。(月/西暦)
Cardholderクレジットカードに記載されているカード名義を半角英字(ローマ字)で入力します。
メールアドレス既にメールアドレスが入力されている筈なので変更が無ければそのままでOKです。
CVV/CVC secure codeクレジットカード裏面に記載されているセキュリティコード下3~4桁を半角数字で入力します。
Pay全ての入力・選択が終わったらクリックします。

 

「Pay」を押すとクレジットカード入金が完了となります。

即時反映(数分)されている筈ですのでご確認下さい。

 

bitwallet(ビットウォレット)

入金方法一覧ページにある「bitwallet」をクリックします。

Tradeview入金-bitwallet

 

必要事項を入力します。

記入方法の説明

Tradeviewのbitwallet入金手続き手順説明

名 (ローマ字)下の名前を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Taro
姓 (ローマ字)名字を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Yamada
Eメールアドレス編集出来ないのでそのままでOKです。
編集出来ないのでそのままでOKです。
入金する通貨を選択します。
ご入金額入金額を半角数字で入力します。(10,000円以上)
送信する全ての入力・選択が終わったらクリックします。

 

「送信する」をクリックするとbitwalletログイン画面が開くので登録メールアドレスとパスワードを入力してログインを行ないます。

Tradeviewのbitwallet入金-ログイン画面

 

ログインすると最終確認画面が現れるので間違いがなければ「決済する」ボタンを押して下さい。

Tradeviewのbitwallet入金-決済画面

 

「決済する」ボタンを押すとbitwallet入金が完了となります。

即時反映(数分)されている筈ですのでご確認下さい。

 

ecoPays(エコペイズ)

※日本在住者のecoPaysでの入金は現在利用出来ません。

入金方法一覧ページにある「ecoPays」をクリックします。

Tradeview入金-ecoPays

 

必要事項を入力します。

記入方法の説明

TradeviewのecoPays入金手順説明

名 (ローマ字)下の名前を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Taro
姓 (ローマ字)名字を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Yamada
Eメールアドレス編集出来ないのでそのままでOKです。
生年月日生年月日を選択します。(日/月/西暦)
編集出来ないのでそのままでOKです。
入金する通貨を選択します。
ご入金額入金額を半角数字で入力します。($100以上)
送信する全ての入力・選択が終わったらクリックします。

 

ecoPaysのログイン画面が開くので登録ユーザー名とパスワードを入力して「LOGIN」をクリックします。

TradeviewのecoPays入金-ログイン画面

 

「LOGIN」をクリックすると登録携帯電話番号に認証コードが送られてくるので入力して再度「LOGIN」をクリックします。

TradeviewのecoPays入金-認証コード

 

ログインすると、このような画面が表示されます。

TradeviewのecoPays入金-日本対象外

 

日本在住者は、現在ecoPaysからTradeviewへの送金は行なえないようです。

他の入金方法をご利用下さい。

 

bitpay(ビットペイ)

入金方法一覧ページのタブを「Eウォレット」に切り替えて「bitpay」をクリックします。

Tradeview入金-bitpay

 

必要事項を入力します。

記入方法の説明

Tradeviewのbitpay入金手続き説明画像

名 (ローマ字)下の名前を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Taro
姓 (ローマ字)名字を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Yamada
Eメールアドレス編集出来ないのでそのままでOKです。
編集出来ないのでそのままでOKです。
「米ドル」しか選択出来ないのでそのままでOKです。
ご入金額入金額を半角数字で入力します。($100以上)
送信する全ての入力・選択が終わったらクリックします。

 

「送信する」をクリックしたら次に支払先を選択します。

Tradeviewのbitpay入金-支払先選択

 

続いて通貨を選択します。

Tradeviewのbitpay入金-通貨選択

 

QRコードが表示されるので読み取るか「Payment Link」をコピーして送金を完了させて下さい。

Tradeviewのbitpay入金-QRコード

 

送金が完了後、即時反映(数分)されている筈ですのでご確認下さい。

 

STICPAY(スティックペイ)

入金方法一覧ページのタブを「Eウォレット」に切り替えて「STICPAY」をクリックします。

Tradeview入金-STICPAY

 

必要事項を入力します。

記入方法の説明

TradeviewのSTICPAY入金手順説明

名 (ローマ字)下の名前を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Taro
姓 (ローマ字)名字を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Yamada
Eメールアドレス編集出来ないのでそのままでOKです。
編集出来ないのでそのままでOKです。
入金する通貨を選択します。
ご入金額入金額を半角数字で入力します。($100以上)
送信する全ての入力・選択が終わったらクリックします。

 

STICPAYログイン画面が現れるので登録メールアドレスとパスワードを入力してログインを行なって下さい。

TradeviewのSTICPAY入金-ログイン画面

 

ログインすると最終確認画面が現れるので間違いがなければ「今すぐ支払う」ボタンを押して下さい。

TradeviewのSTICPAY入金-決済画面

 

「今すぐ支払う」ボタンを押すとSTICPAY入金が完了となります。

即時反映(数分)されている筈ですのでご確認下さい。

 

海外銀行送金

入金方法一覧ページのタブを「銀行送金」に切り替えると送金先一覧が表示されます。

Tradeview入金-海外送金

 

この中から送金先を選択しますが、それぞれ送金可能な通貨が異なるので注意が必要です。

日本円で送金したい場合は「GC PARTNERS」を選択するしかありません。(但し、パスポートのコピーなどの提出が必要になります)

Tradeviewの海外送金-ロイズ銀行注意

 

送金先を選択するとこのような画面になるので、記載されている送金情報へ送金を行なって下さい。(画像はScotiabank)

Tradeview入金-海外送金振込先

 

送金する通貨によって送金情報が異なるので注意して下さい。

送金手続き完了後1~3営業日程で反映される筈ですのでご確認下さい。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Tradeviewのボーナス

Tradeview(トレードビュー)のボーナス

口座タイプ口座開設ボーナス100%入金ボーナスその他ボーナス
MT4 X Leverage口座×××
MT4 ILC口座
MT5 X Leverage口座
MT5 ILC口座
cTraderWeb口座
Cerrenex口座

 

Tradeviewではボーナスキャンペーンを全く行っていない

Tradeviewでは残念な事に全口座タイプでボーナスキャンペーンは一切行っておりません。

過去に行なった形跡もありませんし、今後もボーナスは貰えないと考えておいた方が良さそうです。

ボーナスとは名ばかりの意味の無いボーナスを提供している会社もある

中には意味のあるボーナスを提供しているFX会社もありますが、見かけだけの殆ど意味の無いボーナスを提供しているFX会社も存在します。(マイナス取引に使えないボーナスなど)

それを考えたらTradeviewにボーナスが無い事はそれ程大きな問題とは言えないと思います。

Tradeviewは有効証拠金によるレバレッジ制限が無い

小資金で開始される場合は、やはりボーナスがあった方が有利になると思うのでそういったFX会社を選択すべきかもしれませんが、大口で取引する場合はTradeviewの方が有利になる可能性があります。

Tradeviewでは有効証拠金によるレバレッジ制限がありません。

常に500倍(口座タイプによっては200倍~400倍)で取引が行えるので、大きな資金を扱うのであればTradeviewは他のボーナスのあるFX会社よりも有利になるでしょう。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Tradeviewの取引ロットとポジション数

Tradeview(トレードビュー)の取引ロットとポジション数

口座タイプ1ロットの単位最小取引ロット最大取引ロット(1ポジション)最大ポジション数最大取引ロット(口座全体)
MT4 X Leverage口座100,000通貨0.01ロット(1,000通貨)75ロット(750万通貨)100ポジション7,500ロット(7.5億通貨)
MT4 ILC口座
MT5 X Leverage口座
MT5 ILC口座
cTraderWeb口座
Cerrenex口座

 

Tradeviewの1ロットの単位は100,000通貨

Tradeviewでは全口座タイプ共通で1ロットは100,000通貨になっています。

最小取引ロットは0.01ロット

最小取引ロットも全口座タイプ共通で0.01ロット(1,000通貨)です。

1ポジションの最大ロットは75ロット

Tradeviewでは1ポジションで持つ事ができる最大ロットは75ロット(750万通貨)となっています。

少ないFX会社だと1ポジションで30~50ロット程度なのでそこそこといった所でしょうか。

最大ポジション数は全口座タイプ共通で100ポジション

Tradeviewで同時に保有できるポジション数は全口座タイプ共通で100ポジションとなっています。

200ポジション以上可能なFX会社が殆どなので100ポジションというのは決して多くはありませんが、普通に考えて100ポジション以上を同時に保有する事は殆ど無いと思うので100ポジションもあれば必要十分だと思います。

口座全体での最大取引ロットは7,500ロット

既にお伝えしましたが、Tradeviewの1ショットの最大取引ロットは75ロット、最大ポジション数が100なので単純にこのような計算式が成り立ちます。

75ロット(750万通貨)×100ポジション=7,500ロット(7.5億通貨)

口座全体で7,500ロット(7.5億通貨)の取引が可能です。

7,500ロットというのは、本サイト内で紹介しているFX会社の中で多い方の部類になりますのでTradeviewは大口取引にやや強いと言えそうです。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Tradeviewのレバレッジ制限(規制)

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジ制限(規制)

口座残高(有効証拠金)レバレッジ
~無制限200倍~500倍(口座タイプによる)

 

有効証拠金によるレバレッジ制限(規制)は大半のFX会社で行なわれている

まず初めに、有効証拠金(口座残高)によるレバレッジ制限(規制)は大半の海外FX会社で行なわれています。

一部制限のないFX業者も存在しますが、有効証拠金200万円あたりからレバレッジが引き下げられていくというルールがあるという事を覚えておいて下さい。

Tradeviewでは有効証拠金によるレバレッジ制限は行なっていない

Tradeviewでは有効証拠金(口座残高)によるレバレッジ制限(規制)は行なっておりません。

一部ネット上で「有効証拠金1,000万円以上でレバレッジ規制の可能性がある」と書いてるサイトを見かけますが、Tradeviewのサポートに確認した所「口座残高によるレバレッジ制限(規制)は行なっていない」という回答を貰いました。

Tradeviewは大口取引に向いている

Tradeviewは大口取引に向いているFX会社と言えます。

有効証拠金によるレバレッジ規制が無いのもその理由の一つですが、Tradeviewでは1ショットで75ロット(750万円通貨)まで取引が出来、口座全体で7,500ロット(7.5億通貨)もの取引が可能になっています。

1ショットで取引出来る最大取引数量がもう少し多ければ言う事ありませんでしたが、それでも大口取引をする場合はかなり有利な条件でトレードを行なえると思います。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Tradeviewのスプレッド

Tradeviewのスプレッド

ここではTradeviewのスプレッドを説明しています。

実際のスプレッドを確認し纏めていますので是非参考にして下さい。

STP側とECN側それぞれを実測しています。

ドル円のみ時間別のスプレッドを掲載、その他の通貨ペアは12時~翌5時まで1時間に1回計測しその平均・最小・最大スプレッドを掲載しています。

 

Tradeviewのスプレッド実測結果(ドル円)

時間X Leverage口座(STP)ILC口座(ECN)
12:00~13:002.0 pips0.3 pips
13:00~14:002.1 pips0.2 pips
14:00~15:002.0 pips0.2 pips
15:00~16:002.0 pips0.2 pips
16:00~17:002.0 pips0.3 pips
17:00~18:002.0 pips0.2 pips
18:00~19:002.1 pips0.2 pips
19:00~20:002.0 pips0.1 pips
20:00~21:002.0 pips0.2 pips
21:00~22:001.9 pips0.1 pips
22:00~23:002.0 pips0.2 pips
23:00~00:001.9 pips0.2 pips
00:00~01:002.0 pips0.2 pips
01:00~02:002.0 pips0.2 pips
02:00~03:002.1 pips0.2 pips
03:00~04:002.2 pips0.3 pips
04:00~05:002.0 pips0.1 pips
平均2.01 pips0.20 pips

※平均の小数点第三位は四捨五入しています。

 

Tradeviewのスプレッド実測結果(平均・最小・最大)

通貨ペア
X Leverage口座(STP)
ILC口座(ECN)
平均最小最大平均最小最大
USD/JPY2.011.92.20.200.10.3
EUR/JPY2.081.92.30.260.10.5
GBP/JPY2.542.32.80.730.51.0
AUD/JPY2.662.42.90.450.30.6
NZD/JPY3.012.83.30.840.51.2
CAD/JPY2.892.73.10.740.50.9
EUR/USD1.811.72.10.080.00.3
GBP/USD2.151.92.40.310.10.5
EUR/GBP2.562.32.80.320.10.6

※ILC口座は別途0.5pips分の手数料が掛かります。
※12時~翌5時まで1時間毎に計測を行なった結果です。
※平均の小数点第三位は四捨五入しています。

 

12時~翌5時までは時間帯によるスプレッド差は見られなかった

上の表(ドル円)の通り、12時~翌日5時までの間では時間帯によるスプレッドの差は見られませんでした。

STP側のX Leverage口座は1.9pips~2.2pipsの間、ECN側のILC口座は0.1pips~0.3pipsの間で推移しました。

ECNのILC口座は手数料が$5(0.5pips分)掛かる

単純にスプレッドだけで比較するとX Leverage口座よりILC口座の方がコストが低いですが、ILC口座はスプレッドの他に手数料が1ロット往復$5(0.5pips相当)掛かります。

手数料分を考慮するとILC口座の取引コストは0.7pips程度ですので、STP側のX Leverage口座よりも約1.3pips低くなります。

TradeviewのスプレッドはSTP側が広い(ドル円やユーロドルなど)

TradeviewのスプレッドはSTP側のX Leverage口座が平均2.0pipsとかなり広くなっています。

逆にECN側のILC口座は平均0.2pipsで手数料も往復$5と平均よりも取引コストが低くなっています。

取引コストだけ見ると、X Leverage口座ではなくILC口座にした方が良いと思いますが、ILC口座はレバレッジが200倍・最低入金額が$1,000~・最小取引ロットが0.1ロットとX Leverage口座より劣る部分が色々あるので、その辺を踏まえて口座タイプを選択した方が良いでしょう。

イベント時や指標発表時、早朝などはスプレッドが広がる

これはTradeviewに限った事ではなく、どこのFX会社でもそうですがイベント時や経済指標発表時、早朝などはスプレッドが広がる可能性があります。

上の表はイベント時や経済指標発表時、早朝(5:00~9:00)を除いた平常時の計測結果です。

常にこのようなスプレッドではないという事はしっかりと把握しておいて下さい。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Tradeviewのデモ口座開設手順

Tradeviewのデモ口座開設手順

ここではTradeviewのデモ口座開設方法を説明しています。

リアル口座を持つ前にデモ口座で使用感を確かめたい・練習をしたいという方は参考にして下さい。

 

Tradeviewデモ口座のスペック

まず初めにデモ口座のスペックなどを纏めたのでご覧ください。

プラットフォームMetaTrader4
口座タイプデモ専用口座タイプ(X Leverage口座と同等)
基本通貨USD、EUR、JPY、MXN、ZAR
レバレッジ1倍~400倍
初期投資額1,000,000(単位は選択した基本通貨による)
デモ口座開設数制限なし
デモ口座期限3ヵ月(保有ポジションをクローズするまで)
デモ口座のリセット不可

 

口座タイプは恐らく「MT4 X Leverage口座」と同じ

Tradeviewのデモ口座の口座タイプは明記されていませんが、最小取引ロットが0.01ロットの事から「MT4 X Leverage口座」とほぼ同じだと思われます。

Tradeviewのリアル口座ではMT5も選択可能ですが、デモ口座はMT4のみとなっています。

仮想トレード額は1,000,000

デモ口座だけで使用出来る初期仮想トレード額は1,000,000となっています。

単位は選択する基本通貨によって変わります。(JPYを選択した場合は100万円)

使用期限は3ヵ月

Tradeviewのデモ口座は期限が3ヵ月となっています。

しかし、その時点でポジションを保有している場合はポジションをクローズするまで利用する事が可能です。

仮想投資額のリセットは不可

Tradeviewのデモ口座はリセットできません。

その代わりデモ口座開設数に制限はありませんので、また初期仮想投資額を1,000,000からやり直したいという場合は再度デモ口座を新規で開設してご利用下さい。

約定スピードはリアル口座とは違う

デモ口座はあくまでデモ口座なのでリアル口座とは約定速度が全く異なります。(サーバーが違います)

デモ口座の方がサクサク約定する筈なので、リアル口座の約定速度はデモ口座では確認する事が出来ません。

また、表示されているレートの動き方も違うのでこういった部分は何となくで見るようにして下さい。(実際のリアル口座のレートの動きを確認したいのであればリアル口座を開設して確かめるしかありません)

メタトレーダーが初めてならとにかく注文を出してみる!

MetaTraderを初めて使用される方は、リアル口座でトレードを始める前にデモ口座で必ず注文(新規・決済)を行なってみて下さい。

FX自体が初めての方は勿論ですが、日本国内のFX会社の独自プラットフォームしか使った事が無いという方は、注文方法の違いに戸惑う可能性があるので、成行・指値・OCOなど色々な注文方法を試してからリアル口座でトレードを開始するようにして下さい。

 

Tradeviewのデモ口座開設手順

まず初めにTradeview公式サイトを開いて下さい。

Tradeview公式サイト

 

Tradeview公式サイトを開くと画面右上に「デモ口座」と書いたリンクボタンがあるのでクリックして下さい。

Tradeviewデモ口座開設-公式サイト「デモ口座」をクリック

 

デモ口座開設ページを開いたら必要事項を入力・選択していきます。

 

個人情報の入力

記入方法の説明

Tradeviewデモ口座開設-個人情報の入力とデモ口座情報の選択

お名前(半角ローマ字)氏名を半角英字(ローマ字)で入力します。 例)Taro Yamada
メールアドレス(半角英数)登録するメールアドレスを入力します。
レバレッジレバレッジを「1:1」~「1:400」の間で選択します。
通貨基本通貨を「USD」「EUR」「JPY」「MXN」「ZAR」の中から選択します。
Eメール受取りに同意します (Privacy Policy).メールの受け取りに同意する場合はチェックを入れます。
送信する全ての入力・選択が終わったらクリックします。

 

「送信する」をクリックするとこのような画面になるので登録メールアドレスを確認します。

Tradeviewデモ口座開設-デモ口座開設手続き完了

 

メールの確認

件名「トレードビューのデモ口座をご申請いただきありがとうございます」でメールが届いていると思いますが、メール本文に「ログインID」と「パスワード」が記載されているのを確認して下さい。(後ほど使います)

Tradeviewデモ口座開設-メール「メタトレーダーログイン情報の確認」

 

MetaTraderのダウンロード

次にメタトレーダー4のダウンロードを行ないます。

先ほどの件名「トレードビューのデモ口座をご申請いただきありがとうございます」メール内に「MT4のダウンロード」と書いたリンクボタンがあるのでクリックしてダウンロードを行なって下さい。

Tradeviewデモ口座MetaTrader4ダウンロード-メール「メタトレーダー4のダウンロード」

 

MetaTraderのインストール

ダウンロードが完了したら次はインストールを行ないます。

ダウンロード先に「tradeview4setup」という名前のファイルがある筈です。

このファイルをダブルクリックで開きます。

Tradeviewデモ口座MetaTrader4ダウンロード-tradeview4setup

 

ダブルクリックで開くと「ユーザーアカウント制御」の警告が表示されますので「はい」をクリックします。

Tradeviewデモ口座MetaTrader4インストール-「ユーザーアカウント制御」の警告

 

次に同意事項の確認画面が現れるので同意する場合は「次へ」をクリックします。

Tradeviewデモ口座MetaTrader4インストール-同意事項の確認画面

 

「次へ」をクリックするとインストールが開始するので1~2分待ちます。

Tradeviewデモ口座MetaTrader4インストール-インストール開始

 

インストールが完了すると下の画面に変わりますので「完了」ボタンを押して下さい。(そのまま放置でも時間が経てばメタトレーダーが自動で起動します)

Tradeviewデモ口座MetaTrader4インストール-インストール完了

 

MetaTrader4へのログイン

「完了」ボタンを押す、あるいはそのまま放置しているとMetaTraderが起動しこのような画面が現れるので、デモ口座のサーバー「Tradeview-Demo」を選択して「次へ」をクリックします。

Tradeviewデモ口座MetaTrader4ログイン-取引サーバーの選択

 

次に「既存のアカウント」にチェックを入れ、口座番号(ログイン)とパスワードを入力し「完了」ボタンを押します。(口座番号・パスワードともにメールに記載されています)

Tradeviewデモ口座MetaTrader4ログイン-口座番号(ログイン)とパスワードを入力し「完了」ボタンを押す

 

ログイン情報に間違いが無ければ「ぴろ~ん」と音が鳴りこのような画面になります。

ログインが成功したらトレードが可能になります。

Tradeviewデモ口座MetaTrader4ログイン-メタトレーダー4にログイン完了

 

ログイン情報が間違っている場合

ログイン情報が間違っているとMetaTrader4右下にあるサーバーステータスに「無効な口座」と表示されます。

MetaTrader4/5のインストール-サーバーステータスに「無効な口座」と表示される

 

「無効な口座」と表示される場合はサーバー番号・口座番号・パスワードが間違っている可能性があります。

もう一度ログイン情報を確かめて再度ログインをお試し下さい。

 

デモ口座に慣れてきたらリアル口座へ移行

デモ口座でMetaTraderの使い方に慣れてきたら、次はいよいよリアル口座へ移行です。

Tradeviewリアル口座の開設は以下のリンクボタンから行えます。

Tradeview公式サイト

 

また、本ページ上部でTradeviewリアル口座の開設手順を分かりやすく纏めてありますので、リアル口座に移行される方は活用して下さい。

 

リアル口座とデモ口座は全くの別物

デモ口座はあくまでデモ口座なので、約定スピードもレートの動き方も違います。

デモ口座ではメタトレーダーの使い方を覚える、または手法やEAを試すなどの用途には使えますが、リアル口座で無ければ分からない事も多くあります。

リアル口座は開設するだけなら手数料なども掛かりませんので、デモ口座で大体の使用感を確認したらリアル口座に移行し、デモ口座では確認出来なかった部分を確かめる事をお勧めします。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Tradeviewのメインサーバー所在地と遅延速度(レイテンシー)

Tradeviewのメインサーバー所在地と遅延速度(レイテンシー)

Tradeviewのメインサーバーはロンドンにあります。

従って、Tradeview口座を自動売買で運用する場合のVPSはサーバーの場所がロンドンにある方が有利です。

本サイトで紹介しているWindowsが使用出来るVPS会社の中でサーバー地域にロンドンを選択出来るのはVultrAWSBeeksの3社。

この3社を使って実際にTradeviewのリアル口座の遅延速度(レイテンシー)を計測しました。

計測にはLatencyEAを使用しています。(LatencyEAは現実に注文を出して計測する為、実際の約定時間になります)

尚、計測に使用したサーバープランは各社ともに下位プランで行っています。(サーバー地域はロンドンのみ)

また、比較の為にMetaTrader画面右下のサーバーステータスに表示されているレイテンシ(PING値)とWindows標準コマンドツールで計測した数値も載せておきます。

 

レイテンシ(遅延速度)計測結果

Beeksのレイテンシ(遅延速度)

計測方法平均遅延速度最小遅延速度最大遅延速度
LatencyEA(24時間稼働)112 ms62 ms2,547 ms
pingコマンド(5回)2 ms2 ms2 ms
サーバーステータス1.61 ms

使用したサーバープラン:ブロンズ

Beeksの利用手順はこちら

 

Vultrのレイテンシ(遅延速度)

計測方法平均遅延速度最小遅延速度最大遅延速度
LatencyEA(24時間稼働)93 ms62 ms437 ms
pingコマンド(5回)1 ms1 ms1 ms
サーバーステータス1.61 ms

使用したサーバープラン:RAM1GBプラン

Vultrの利用手順はこちら

 

AWSのレイテンシ(遅延速度)

計測方法平均遅延速度最小遅延速度最大遅延速度
LatencyEA(24時間稼働)94 ms78 ms297 ms
pingコマンド(5回)2 ms2 ms3 ms
サーバーステータス3.00 ms

使用したサーバープラン:t3a.micro

AWSの利用手順はこちら

 

平均遅延速度はVultrとAWSが互角

ご覧のようにLatencyEAの遅延平均速度はVultrとAWSが0.1秒を切る結果になりました。

Beeksも112msと悪くありませんが、2社に比べるとやや遅い結果となりました。

Beeksは最大遅延速度が少し気になる

Beeksでは最大遅延速度が1秒を超える結果になっています。

他のFX会社で計測した際も最大遅延速度が2秒を超えていました。

2.5秒掛かっている割に平均速度は悪くないので、特定の時間帯に何かあるものと思われます。

頻繁にこれだけ遅延していたら遅延平均速度がもっと悪くなる筈なので恐らく24時間で1~2回だけと思われます。

Vultrが一番良かった

LatencyEA、pingコマンド、サーバーステータス、いずれの数字もVultrが最も優れていたと言えそうです。

LatencyEAの最大遅延速度だけAWSより悪かったですが、その他の数字では全てトップでした。

3社ともMetaTraderを3つ稼働させても問題なかった

今回、他の海外FX会社(XMFBS)2社のMetaTraderも一緒に稼働させましたが、少なくとも24時間の検証期間中にトラブルなどは発生しませんでした。

もう少し長い時間を連続して稼働させないとはっきりとした事は言えませんが、とりあえずMetaTrader3つ程度であれば問題なさそうです。(AWSの場合はCPUクレジットが絡んでくると厳しくなるかもしれません)

今回検証に使用したVPSのスペックと料金

最後に今回検証に使用したVPSのスペックと料金をご紹介します。

項目BeeksVultrAWS
初期費用0円
月額料金無料~4.750円$20$14~$15
時間料金-$0.03$0.0198
CPU111
メモリ1.3GB2GB1GB
ディスク25GB55GB30GB

BeeksはXMで条件を満たせば無料、条件を満たしていない場合は$28、XMを通さない契約の場合は4,750円です。

AWSは一ヵ月が30日の場合は$14.256、31日の場合は$14.7312になります。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Tradeviewの口座解約(削除)方法

Tradeviewの口座解約(削除)方法

ここでは、既に口座開設済みのTradeviewの口座を解約(削除)する方法を説明しています。

使っていない口座・不要な口座がある場合は参考にして下さい。

 

Tradeviewの口座解約手順

まず初めに下記のリンクボタンよりTradeview公式サイトを開いて下さい。

Tradeview公式サイト

 

Tradeview公式サイトを開いたら画面右上にある「お問い合わせ」をクリックします。

Tradeview口座解約-「お問い合わせ」をクリック

 

お問い合せフォームが開くので、登録氏名・メールアドレスなどの必要事項を入力し、「お問い合せ内容」欄には下記のように入力し送信します。

Tradeview口座解約-問い合わせフォームの入力

 

解約の連絡後、1営業日程度でこのようなメールが届き口座の解約が完了となります。

Tradeview口座解約-削除完了メール

 

口座解約完了メール受信後30分程でログインが出来なくなる筈ですので、きちんと解約されているか確認して下さい。

以上でTradeview口座解約方法の説明を終わります。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Tradeviewのスワップポイント

Tradeview(トレードビュー)のスワップポイント

不定期でTradeview(トレードビュー)のスワップポイントを更新しています。

更新年月日通貨ペア買いスワップ売りスワップ
2020/11/20USD/JPY-19.2円-42.5円
GBP/JPY-37.9円-54.0円
EUR/TRY-446.6円352.2円
USD/TRY-384.6円295.0円
2020/10/19USD/JPY-20.6円-40.7円
GBP/JPY-37.7円-54.2円
EUR/TRY-377.7円289.0円
USD/TRY-353.8円258.1円
2020/09/16USD/JPY-20.1円-41.1円
GBP/JPY-38.9円-52.9円
EUR/TRY-369.3円220.1円
USD/TRY-215.6円99.1円
2020/08/20USD/JPY-21.1円-40.3円
GBP/JPY-40.8円-51.4円
EUR/TRY-284.3円175.4円
USD/TRY-248.5円122.6円
2020/07/24USD/JPY-16.5円-44.7円
GBP/JPY-34.7円-57.4円
EUR/TRY-206.0円87.8円
USD/TRY-126.7円2.4円
2020/07/05USD/JPY-19.7円-41.5円
GBP/JPY-38.7円-53.1円
EUR/TRY-244.3円132.8円
USD/TRY-132.9円38.2円
2020/05/05USD/JPY-18.5円-43.2円
GBP/JPY-35.6円-56.9円
EUR/TRY30.8円-156.7円
USD/TRY44.8円-202.6円
2020/04/22USD/JPY-21.9円-39.9円
GBP/JPY-37.8円-54.9円
EUR/TRY-77.7円-74.5円
USD/TRY-87.8円-114.6円
2020/04/05USD/JPY-15.2円-49.4円
GBP/JPY-35.5円-63.7円
EUR/TRY-288.2円186.3円
USD/TRY-228.6円113.0円
2020/03/12USD/JPY26.6円-88.3円
GBP/JPY-10.8円-81.9円
EUR/TRY-359.2円235.2円
USD/TRY-256.8円135.5円

※10,000通貨辺りのスワップポイント(円)です。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

MetaTraderが使える海外FX会社

MetaTraderが使える海外FX会社

当サイトでは他にも多くの海外FX業者のスペックや口座開設手順などを紹介しています。

宜しければこちらのページも一緒にご覧下さい。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Windows VPSサービスの契約方法

Windows VPSサービスの契約方法

自動売買(EA)を稼働させるのに必須のWindows VPSサービスの契約方法・登録方法を画像付きで細かく説明しています。

初めての方でも迷わないように書きましたので是非参考にして頂きたいと思います。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

 

Linux VPSサービスの契約方法

Linux VPSサービスの契約方法

ConoHa・Vultr・さくらのVPS・カゴヤ・WebARENA・GMOクラウド・Linodeなどの人気が高いLinux VPSサービスの契約方法・登録方法を画像付きで細かく説明しています。

初めての方でも迷わないように書きましたので是非参考にして下さい。

 

Tradeview公式サイトはこちら
新規口座開設手順はこちら

タイトルとURLをコピーしました