人気1位の海外FX会社はこちら人気1位のWindowsVPSはこちら

ABLENET(エイブルネット)のWindows VPSにMT4/5をインストールしFX自動売買(EA)を動かす方法・手順

ABLENET(エイブルネット)のWindows VPSにMT4/5をインストールしFX自動売買(EA)を動かす方法・手順Windows VPSの契約方法
この記事は約10分で読めます。

このページではVPSサービスのABLENET(エイブルネット)でMT4/5によるFX自動売買(EA)を稼働させる方法を画像付きで詳しく紹介しています。

初心者の方でも分かるように説明しているので是非参考にして下さい。

 

ABLENETのプラン比較

ABLENET(エイブルネット)のプラン比較

まず初めに4つあるABLENETのプランを紹介します。

幾つのメタトレーダー4/5(MT4/5)を同時に稼働させるか、また幾つのEAを同時に動かすのかによって選ぶVPSのスペックが変わってきますのでご自身の環境に合ったプランをお選び下さい。

ABLENETでは10日間の無料お試しがあるので初めて仮想サーバーを利用する人は安心して利用する事ができます。

無料お試しを利用するにはクレジットカードの登録が必要になります。その他の支払方法を選択した場合は無料お試しはありませんのでご注意下さい。

また、ABLENETでは契約後のプラン変更(アップグレード・ダウングレード共に)が可能となっていますので稼働させるMT4/5が増えたり、動かすEAが増えた場合は気軽にプランを変える事ができるようになっています。

 

それではプランの比較表を作りましたので参考にして下さい。

項目Win1Win2Win3Win4
初期費用(SSD/HDD)1800円/0円3700円/1886円4900円/2840円7800円/4743円
月額料金1981円2554円4362円6459円
CPU2コア3コア4コア5コア
メモリ1GB2GB4GB8GB
ディスク(SSD/HDD)60GB/100GB120GB/100GB150GB/200GB
リージョン大阪
OSバージョンWindows Server 2012Windows Server 2019,2016,2012
最低利用期間1ヶ月

 

他のVPSサービスと違うのは、初期費用が必要・SSDとHDDどちらを選ぶかで初期費用が変わる、同様にSSDとHDDどちらを選ぶかでディスク容量が変わるところです。

初期費用が無料なのは、Win1プランのHDDだけでその他は全て初期費用が掛かります。

初期費用が必要なのは少々マイナスポイントではありますが、長く使用するのであれば一回きりのコストですので割り切って考えて良いと思います。

また、ディスク使用量ですが、自動売買を稼働させるだけならそれ程大きな容量は必要ありませんので必要十分です。

Win1プランHDDの初期費用が0円になっていますが、期間限定(いつまでか分からない)となっていますので現在も無料かは保証できません。契約時に確認した上で契約を行なって下さい。

それでは次にABLENETの契約・登録方法をご案内していきます。

 

ABLENETの登録方法・手順

ABLENET(エイブルネット)の登録方法・手順

まず初めに下記のリンクボタンからABLENET公式サイトを開いて下さい。

ABLENET公式サイト

 

ABLENET公式サイトを開いたらVPSにあるくわしく見るをクリックします。

ABLENET(エイブルネット)公式サイト

 

開いたページ右上に申し込むと書いたリンクボタンがあるのでクリックします。

ABLENET(エイブルネット)-申し込むをクリック

 

サーバープランの選択・規約の確認

次のページはサーバープランの選択や規約の同意になるので指示に従って選択・チェックをします。

選択方法の説明

ABLENET(エイブルネット)-Windowsプランを選択

Windowsプラン・VPSプランタブがWindowsプランになっているのを確認します。
サービスプラン4種類のサーバープランから選択します。
ストレージHDDかSSDをを選択します。※どちらを選ぶかで初期費用が変わるのでご注意下さい。
お支払方法クレジットカードとコンビニ払いが選択できます。無料お試しを利用する場合は「クレジットカード試用期間あり」を選択して下さい。
利用規約一通り利用規約に目を通し同意する場合はチェックを入れます。
ABLENETではアダルト向けサイトは禁止されています。理解できたらチェックを入れます。
ABLENETでは出会い系サイトは禁止されています。理解できたらチェックを入れます。
その他、禁止事項に該当する行為も禁止されています。理解できたらチェックを入れます。
規約に同意し、進む
全ての選択・チェックをしたらクリックします。

 

次のページは契約期間の選択になります。

選択方法の説明

ABLENET(エイブルネット)-契約期間を選択

サーバー契約期間月払い・6ヶ月払い・年払いから選択できます。契約期間が長いほど割引率が高くなります。
見積り画面へ進む
 契約期間を選択したらクリックします。

 

選択したプラン・契約期間の見積もりが表示されるので確認します。

確認と利用規約

ABLENET(エイブルネット)-申し込み内容の確認と規約の同意

お見積り選択したプラン・契約期間が間違っていないか確認します。
WindowsServer利用規約記載されている利用規約に目を通し同意する場合はチェックを入れます。
WindowsServer初期OSWindowsServerのバージョンを選択しますが、WindowsServer2012R2しか無いのでチェックを入れます。(2019年12月時点)
申込者情報の入力へ進む
確認やチェックを終えたらクリックします。

 

次は個人情報の入力になります。

申込者情報の入力

記入方法の説明

ABLENET(エイブルネット)-個人情報の入力

法人名個人で契約する場合は空欄で結構です。
法人名(カナ)個人で契約する場合は空欄で結構です。
お名前契約者の氏名を入力します。
お名前(カナ)契約者の氏名をカタカナで入力します。
国名日本にお住いの場合はそのまま「日本」を選択します。
郵便番号半角数字で自宅住所の郵便番号を入力します。
都道府県自宅住所のある都道府県名を選択します。
住所(市区町村)自宅住所の市区町村名を入力します。
住所(番地、ビル建物)自宅住所の市区町村名以降を入力します。
電話番号登録する電話番号を入力します。
FAX番号お持ちでない場合、登録したくない場合は空欄で結構です。
メールアドレス登録するメールアドレスを入力します。
メールアドレス(確認)もう一度登録するメールアドレスを入力します。
注文内容の確認へ進む
全ての入力が終わったらクリックします。

 

次の画面はここまで選択・入力してきた内容の確認とクレジットカード情報の入力になります。

記入方法の説明

ABLENET(エイブルネット)-申し込み内容の確認

申し込み情報サーバープランや契約期間に誤りがないか確認します。
お申込者情報氏名や住所に誤りがないか確認します。
クレジットカード番号クレジットカード番号を半角数字で入力します。
クレジットカード有効期限クレジットカードの有効期限を選択します。(月/西暦)
クレジットカード名義クレジットカード名義をクレジットカードに記載されている通りに半角英字で入力します。
セキュリティコードクレジットカード裏面に記載の下三桁の数字を入力します。
注文を確定する
 全ての確認・入力を終えたらクリックします。

 

注文を確定すると下の画面が現れるので、サーバー設定の準備が終わるまで少し待ちます。

ABLENET(エイブルネット)-申し込み完了

 

メールの確認

注文を確定し暫くすると[ABLENET:VPS] VPS(Winプラン)設定完了通知/試用についてのタイトルでメールが届くので確認します。

注文確定と同時にお申込み受付けお知らせのタイトルのメールが届きますが、このメールではありません。

メールを開くと、契約(試用)情報という項目がありますがその中のWindowsServer設定情報にあるコンピュータ、ユーザー名、初期パスワードをこれから使用する事を覚えておいて下さい。

ABLENET-コンピュータ、ユーザー名、初期パスワード

 

Windows VPSへリモート接続を行なう

Windows VPSへリモート接続を行なう

続いてWindowsServerへリモート接続します。

手順については下記ページに纏めましたのでご覧下さい。

 

MetaTrader4/5のダウンロードとインストール方法・手順

MetaTrader4/5のダウンロードとインストール方法・手順

海外FX会社毎のMT4/5のダウンロード方法やMetaTraderのログイン情報の調べ方などを説明しています。

海外FX会社によってMT4/5のダウンロード方法やMetaTraderのログイン情報の調べ方が異なりますので参考にして下さい。

 

VPSへの自動ログオン・MT4/5の自動起動設定

VPSへの自動ログオン・MT4/5の自動起動設定

この部分はVPSで自動売買を稼働させる上で絶対に必要という訳ではありませんが、やっておいた方が良い設定になります。

予期せぬ場合にサーバーが再起動してしまった場合、サーバーは自動でログオンを行ないませんので、ユーザーが手動でリモート接続を行なってログオンを行なうか、この自動ログオン設定を行なうかしない限りMT4/5は動き出しません。

また、自動ログオン設定を行なっていてもMT4/5が起動しなければ自動売買は当然動きません。

このWindowsサーバーへのログオン→MT4/5の起動を全て自動で行う設定手順を下記ページに纏めていますので参考にして設定を行なってみて下さい。

 

ABLENETのレイテンシー(遅延速度)

ABLENETのレイテンシー(遅延速度)

ABLENETのレイテンシ(遅延速度)を計測しました。

計測にはLatencyEAを使用しています。(24時間稼働させた結果です)

ABLENETは大阪にサーバーがあるので、日本(東京)にメインサーバーのある海外FX会社4社(AXIORYLandFXTradersTrustMyFXMarkets)のメタトレーダーを使用して計測しました。

計測に使用したプランは一番下の「WIN1」になります。

また、比較のためにMetaTrader画面右下のサーバーステータスに表示されているレイテンシ(PING値)の数値も載せておきます。

※LatencyEAは実際に注文を出して遅延速度を計測するEAです。

 

LandFX(東京)

計測方法平均遅延速度最小遅延速度最大遅延速度
LatencyEA(24時間稼働)107 ms62 ms281 ms
サーバーステータス8.82 ms

LandFXの口座開設方法はこちら

AXIORY(東京)

計測方法平均遅延速度最小遅延速度最大遅延速度
LatencyEA(24時間稼働)161 ms93 ms688 ms
サーバーステータス10.43 ms

AXIORYの口座開設方法はこちら

Traderstrust(東京)

計測方法平均遅延速度最小遅延速度最大遅延速度
LatencyEA(24時間稼働)117 ms78 ms328 ms
サーバーステータス10.78 ms

Traderstrustの口座開設方法はこちら

MyFXMarkets(東京)

計測方法平均遅延速度最小遅延速度最大遅延速度
LatencyEA(24時間稼働)170 ms78 ms360 ms
サーバーステータス9.52 ms

MyFXMarketsの口座開設方法はこちら

 

ABLENETまとめ

ABLENET(エイブルネット)まとめ

ABLENET(エイブルネット)では10日間の無料お試し期間があります。(クレジットカード登録のみ)

ノーリスクで試す事ができるので初心者の方は勿論、はじめてABLENETを利用する方も安心して開始する事ができます。

ABLENETは20年以上の実績があります。

それだけ利用者からの信頼が厚いという事が言えると思います。

また、一般的なVPSサービスの回線速度は100Mbsと言われていますが、ABLENETでは200Mbsの通信速度を誇ります。

回線速度を少しでも速くしたいという方はABLENETを選んでみては如何でしょうか?

 

自動売買が可能なおススメの海外FX会社(業者)

自動売買が可能なおススメの海外FX会社(業者)

当サイト内にてMT4/5が使えるおススメの海外FX会社のスペックや口座開設方法を細かく説明していますのでまだFX口座をお持ちでない方、他の海外FX会社の口座を開設したい方は是非参考にして頂きたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました