海外のWindows VPS(仮想デスクトップ)を日本語にする・タイムゾーンを日本にする手順・方法

windowsserver-timezone Windows VPSの設定方法

このページでは海外VPSサービスのWindowsServer(サーバー)を日本語にする・タイムゾーンを日本にする方法を説明しています。

国内のVPSサービスでは必要のない設定ですが、海外のVPSサービスを利用する場合は必要になってくる設定ですのでご活用下さい。

Windows Serverを日本語にする方法・手順

既にVPSサービスを契約しWindows Serverにリモート接続できている前提で説明をしていきます。

まず最初に画面左下のWindowsマーク(窓のマーク)をクリックしスタート画面を開き、Control Panelをクリックします。

timezone

 

Control Panelを開いたら”Add a language”をクリックします。

timezone

 

次の画面でも”Add a language”をクリックします。

timezone

 

言語一覧が表示されるのでその中から「日本語」を探して選択し、”Add”をクリックして下さい。

timezone

 

次の画面で「日本語」部分を選択し、”Move up”をクリックして日本語とEnglishの順番を入れ替えます。

timezone

 

入れ替えるとこのようになるので”Options”をクリックして下さい。

timezone

 

次のページに”Download and install language pack”とあるのでクリックしてインストールを行なって下さい。(Download and install language packが表示されるまで少し時間が掛かるかもしれません)

timezone

サーバーのスペック次第では結構時間が掛かります。

 

インストールが終わると下記の画面に戻るので”Change date, time, or number formats”をクリックします。

timezone

 

開いた画面で”Location”タブを開きます。

timezone

 

Home Locationから「Japan」を選択し”Apply”をクリックします。

timezone

 

続いて、”Administrative”タブを開き、”Copy settings”をクリックします。

timezone

 

次の画面に、”Welcome screen add system accounts””New user accounts”と2個所チェックを入れる所があるのでチェックを入れます。

timezone

 

OKをクリックすると下の画面が現れるので、”Restart now”をクリックし再起動して下さい。

timezone

 

再起動後、日本語になっている筈ですので確認して下さい。

続いてタイムゾーンを日本にする方法を説明していきます。

タイムゾーンを日本にする方法・手順

まず最初に画面左下のWindowsマーク(窓のマーク)をクリックしスタート画面を開き、コントロールパネルをクリックします。

timezone

 

コントロールパネルを開いたら”日付と時刻の設定”をクリックします。

timezone

 

次の画面に”タイムゾーンの変更”とあるのでクリックします。

timezone

 

タイムゾーン一覧から(UTC+09:00)大阪、札幌、東京を選択し”OK”をクリックします。

timezone

 

これでWindows Serverの時間表記が日本時間になった筈ですので確認して下さい。

以上で海外Windows Serverを日本語にする・タイムゾーンを日本にする手順・方法の説明を終わります。

自動売買が可能なおススメの海外FX会社(業者)

当サイト内にてMT4/5が使えるおススメの海外FX会社のスペックや口座開設方法を細かく説明していますのでまだFX口座をお持ちでない方、他の海外FX会社の口座を開設したい方は是非参考にして頂きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました