VPSのUbuntu16.04をUbuntu18.04にアップグレードする方法・手順

ubuntu16-04_18-04 Ubuntu VPSの設定方法

このページではUbuntu16.04をUbuntu18.04にアップグレードする方法・手順を説明しています。

Ubuntu16.04のままでもリモートデスクトップ接続できる筈ですが、18.04と同じ手順で行なうとリモートデスクトップ接続時に砂嵐のような画面になってしまう為、当サイトではUbuntu18.04にアップグレードする方法をご紹介する事にしました。(恐らく18.04と違うやり方だと上手くいくのかもしれませんが、現時点では分からないので、やり方が分かりましたらまた別記事に手順を書きたいと思います)

初めからUbuntu18.04を選択できるVPSサービスをご利用の場合は良いのですが、この記事を書いている時点で16.04以前のものしかないVPSサービスもある為今回手順を書き記しました。(現時点でカゴヤがそれに該当します)

16.04じゃないと嫌だ!って方は余りいらっしゃらないと思うので16.04以前しか選べないVPSサービスをご利用の方は参考にして下さい。

ターミナルソフトのダウンロード・インストール

まず最初にVPSサーバーに接続する為のターミナルソフトをダウンロードします。

ターミナルソフトは幾つかありますが、今回はTera Termを使用します。

下記からTera Termのダウンロードを行なって下さい。

Tera Termダウンロードサイト

 

開いたら”窓の杜からダウンロード”ボタンをクリックします。(ポータブル版ではない方)

tera-term

 

ダウンロードが終わったら保存先にTera Termの.exeファイルがあるのでダブルクリックして下さい。

tera-term

 

.exeファイルを開くと下の画面が開くので”日本語”を選び”OK”をクリックします。

tera-term

 

次は同意事項の確認になるので”同意する”にチェックを入れ”次へ”をクリックして下さい。

tera-term

 

続いてはインストールするコンポーネントを選択しますが、分からない場合はそのままの状態で”次へ”をクリックして進めて下さい。

tera-term

 

次はユーザーインターフェイスの言語の選択ですが”日本語”にチェックが入っているのを確認し”次へ”をクリックします。

tera-term

 

次は追加タスクの選択ですが、分からなければそのままの状態で”次へ”をクリックして進めて下さい。

tera-term

 

次に”インストール”をクリックして下さい。

tera-term

 

これでTera Termのインストールは完了となります。

tera-term

Tera Termの起動・VPSサーバーへのログイン

Tera Termのインストールが完了したらディスクトップ画面にTera Termのショートカットアイコンがあると思うで開いて下さい。

tera-term

 

Tera Termを開くと下の画面になるので”ホスト(T)”にVPSサービスから割り当てられたIPアドレスを入力して”OK”をクリックします。

tera-term

 

”OK”をクリックするとセキュリティ警告が現れますが、”続行”をクリックして進めて下さい。

tera-term

 

次は下の画面になりますが少しだけ複雑です。

tera-term

ユーザ名

まずユーザ名ですが、使用するVPSサービスによって異なります。

大半のVPSサービスは”root”ですが、一部のVPSサービスでは異なったユーザ名なのでお気を付け下さい。

これまで実際に確認したユーザ名を下記に纏めましたので参考にして下さい。

ユーザ名 VPSサービス
root ConoHa、カゴヤ、Vultr、Linode
ubuntu WebARENA

パスフレーズ

ここは秘密鍵(シークレットキー)を使用する場合は不要なので空欄にして下さい。

秘密鍵が無いとログイン出来ないVPSサービス、秘密鍵でもパスワードでもどちらでもログイン可能なVPSサービスが存在します。(WebARENAは秘密鍵でのログインになります)

秘密鍵を使わない場合はご自身で設定したパスワード、もしくはVPSサービスから発行されたパスワードを入力して下さい。

認証方式

パスワードを使ってログインを行なう場合はそのまま”ブレインパスワード”にチェックを入れた状態でOKです。

秘密鍵(シークレットキー)を使用してログインを行なう場合は”RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う”にチェックを入れ、”秘密鍵(K)”のボックス横にあるボタンをクリックして秘密鍵を選択して下さい。

最後に”OK”をクリックすればVPSサーバーへのログインが完了します。

ログインが成功すると下記のような画面が開きます。

tera-term

Ubuntu16.04をUbuntu18.04にアップグレードするコマンド操作

サーバーにログイン出来たら18.04にアップデートするコマンド操作を実行していきます。

rootユーザーへの切り替え

先ほどのログインの時にユーザ名が”root”だったVPSサービスの場合はこの作業は要りません。

WebARENAのような”root”以外のユーザ名だったVPSサービスの場合は必要な作業になります。

下記のコマンドを「コピー→右クリック→キーボードのEnter」を押して下さい。

sudo su
下記画像最下部のように先頭が”root@”になれば成功です。
ubuntu
これでrootユーザーへ切り替えが完了したので作業を進めていきます。

現在のバージョン確認

次に念のため現在のバージョンを確認します。

cat /etc/lsb-release

上記コマンドを「コピー→右クリック→エンターキー」を押すと現在のバージョンが表示されます。

ubuntu

アップデート・アップグレードコマンドの実行

現在のバージョンが16.04なのを確認できたら早速18.04にアップグレードしていきます。

下記のコマンドを実行して下さい。(コピー→右クリック→エンターキー)

apt-get update && apt-get upgrade

他のプロセスがaptを使用している旨のエラー

apt updateコマンドで下記のエラーが出る場合があります。

E: Could not get lock /var/lib/dpkg/lock - open (11: Resource temporarily unavailable)
E: Unable to lock the administration directory (/var/lib/dpkg/), is another process using it?

サーバー起動直後に発生するようなので、少し時間を置いてから再度お試し下さい。

時間を置いてもエラーが発生するようであれば、下記コマンドを実行してから再度お試し下さい。

rm /var/lib/apt/lists/lock
rm /var/cache/apt/archives/lock

Do you want to continue? [Y/n]

2行目実行中に下記のメッセージが現れるので、キーボードの”Y”を押しエンターを押して下さい。

Do you want to continue? [Y/n] ←キーボードの”Y”を押してエンター

Configuring grub-pc

同じく2行目実行中に下のメッセージが現れるので、そのままエンターを押して下さい。

ubuntu

 

続いて下記のコマンドを一行ずつ順番に実行して下さい。(コピー→右クリック→エンターキー)

apt dist-upgrade
apt install update-manager-core
reboot

1行目2行目は何もメッセージがなく終了する筈です。

3行目の”reboot”はここで再起動を行なわないと、次のコマンド実行時に下記のエラーメッセージが出ます。

You have not rebooted after updating a package which requires a reboot. Please reboot before upgrading. (訳:再起動が必要なパッケージを更新した後、再起動していません。 アップグレードする前に再起動してください。)

ですのでこのタイミングでrebootして再度ログインを行なって下さい。

ここまでがアップグレード前の準備のようなもので、これから行なうコマンドが16.04から18.04へアップグレードするコマンドになります。

 

再度サーバーにログインしたら下記のコマンドを実行して下さい。(コピー→右クリック→エンターキー)

do-release-upgrade

このコマンド実行中は何度もメッセージが現れますので下記の通りキーボードの”Y”を押してエンター、あるいはエンターを押して進めて下さい。

Do you want to continue?
Continue [yN] ←キーボードの”Y”を押してエンター
To continue please press [ENTER] ←エンター
Continue [yN] ←キーボードの”Y”を押してエンター
Continue [yN] Details [d] ←キーボードの”Y”を押してエンター
Continue [yN] Details [d] ←キーボードの”Y”を押してエンター
Continue [yN] ←キーボードの”Y”を押してエンター

 

その他にもこのコマンド実行中に下記のメッセージが現れますので、そのままエンターで進めて下さい。

Configuring grub-pc

ubuntu

Configuring openssh-server

ubuntu

 

このコマンドdo-release-upgradeが終わると下記メッセージが現れます。

To finish the upgrade, a restart is required. (訳:アップグレードを完了するには、再起動が必要です。)
If you select 'y' the system will be restarted. (訳:「y」を選択すると、システムが再起動されます。)
Continue [yN] ←キーボードの”Y”を押してエンター

 

rebootされたら再度サーバーにログインし最初に行なった下記コマンドを実行し無事に18.04にアップグレード出来たかを確認して下さい。

cat /etc/lsb-release
ubuntu

 

以上でUbuntu16.04をUbuntu18.04にアップグレードする手順は完了となります。

Ubuntu18.04でMetaTreaderを動かす方法を下記のページで紹介していますのでご活用下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました